Geo-Stick

ログイン

お問い合わせ
超小型の震動計測システムGeo-Stick

Geo-Stickとは

超小型で廉価な震動計測システム!

センサ、ロガー、記憶部などがオールインワン

MEMS加速度センサを内蔵した震動計測システムGeo-Stick Professionalを開発しました。
microSDカードを装備し、地震動に伴う建物などの震動を計測し記憶します。

  • 廉価で複数設置でも低コスト
  • 手軽に設置し、地震時の構造物の揺れを計測
  • 超小型・軽量で設置方法を選ばない
  • 強震計として必要充分な性能

外形が約40mm各で厚さが約13mmと小さく、重さも10数グラムと軽量です。このため、建物の床や天井、柱など計測したい場所に簡単に設置できます。小型で軽いことから、地震時のGeo-Stick自体の共振は無視できます。ACアダプタで電源に接続するだけで計測を開始し、地震のたびに加速度変化を記憶し続けます。

製品イメージ
もっとくわしく

Geo-Stickと診断サービス

Geo-Stickによる計測と一体化したデータ分析、
中小地震時の揺れから大地震時の揺れを推定!

Geo-Stickに記録された加速度データを分析して、構造物の診断結果をWeb上に表示する仕組みを開発しています。
構造物の診断では、過去に計測した最大加速度と、理論最大加速度(距離減衰式から算定)を比較し、将来起こりうる地震における、計測地点の最大加速度等を推定する手法を用いています。

診断サービスイメージ

Geo-Stickにより計測された加速度データは、独自のシステムにより分析され、
結果は診断サービスとしてWeb上で閲覧できます。

得られるデータ 得られる特徴 構造物や地軸の診断
理論最大加速度に対する倍率 倍率 構造物や地盤の揺れやすさ
大地震時の推定値 最大加速度 耐震補強などの判断材料
層間変形閣  
上下部スペクトル比 固有周期 構造物の健全性と経年変化
減衰  
層間変形/層間変形角  
ランニングスペクトル比 固有周期の経時変化 構造物の損傷の可能性
フーリエ振幅スペクトル 卓越周期  
ランニングスペクトル 卓越周期の経時変化 液状化の可能性
変位時刻歴 最大変位 構造物への影響
平面内軌跡 構造物の揺れの特徴
加速度時刻歴 最大加速度  
計測震度 周囲との比較で揺れやすさ
もっとくわしく

Geo-Stick+診断サービスの
導入メリット

大地震時の揺れを推定し耐震補強の判断材料を提供
先手の耐震補強で安全を確保!

Geo-Stickにより地震時の構造物の揺れを計測し、診断サービスにより揺れの特性を分析することで、大地震時の揺れを推定したり、経年劣化や地震による損傷の可能性を検討する材料が得られます。

  • 大地震時の揺れの大きさを推定し、設計上の耐久性などとの比較のもとで耐震補強の必要性を検討することができます。
  • 計測された揺れによる、構造物の損傷の可能性を判断する材料を提供します。また、計測を長期に継続することで経年劣化を判断する材料も提供します。
もっとくわしく

免震マンション、耐震住宅などの性能を立証
耐震補強、液状化対策の効果を確認

Geo-Stickにより計測されたデータや分析結果を、
最寄りのK-NET観測地点のデータと比較することで、
構造物の免震性能や耐震性能を評価することができます。

Geo-Stickに関するお問い合わせ

製品に関するお問い合わせ、資料請求は下記よりご連絡ください。

資料請求・お問い合わせ
株式会社 地層科学研究所
〒242-0017
神奈川県大和市大和東3-1-6 JMビル4F

「小型地震計Geo-Stick販売、診断サービス事業」は(公財)東京都中小企業振興公社の事業可能性評価で「事業の可能性あり」と評価されました。

「Geo-Stick」は株式会社地層科学研究所の登録商標(登録第5583547号)です。

距離減衰式を用いた大地震時の予測手法「建造物の地震被害予測方法及び予測システム」は株式会社地層科学研究所の特許(特許第5791680号)です。